本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で腰痛・肩こり、顎関節症、顔のゆがみ・むくみ解消(小顔)、姿勢・骨盤矯正。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

産後および冷えによる足首の痛み

産後は手首の痛みとともに意外と起こります

 産後の不調でいらっしゃる方の症状で足首が痛むというのを時々見ます。

 産後に手首が痛くなるというのはよくありますが、足首でも起こるんです。

 捻挫をしたとかいうわけでなくて、歩いているうちにだんだん痛くなってくるとか、夕方になると痛くなってくるというものが多いようです。

 但し足首の場合は、手首のように頻繁にお子様の世話などで使うというような負担が少ないせいか、さほど深刻になることはないよう思います。

 大抵、足首の少し上の外側あたりの筋肉(第3腓骨筋)に強い緊張があります。ここは足首の内反捻挫の場合でも傷めがち。(内反捻挫の症例)(捻挫後の痛みの症例
 
 産後、骨盤がまだ開き気味になっていると体重が外側にかかるので、脚の外側が疲れてきます。

 また、下半身が冷えても体重が外側にかかるので、同じく脚の外側のラインに張りが出ます。

・お尻の外側・・・中殿筋と小殿筋
・太ももの外側・・・外側広筋
・脛の外側(ツボで言う三里)・・・前脛骨筋
・脛の足首に近いところのやや外側・・・第3腓骨筋
・脚の甲の外側・・・第3と第4中足骨の間または第4と第5中足骨の間

 こういう場所ですね。張りが出ている場合、押すとちょっと痛いです。

 なので足首だけでなく、上のように太ももや脛の外側、足の甲の外側(小指と薬指の間、薬指と中指の間あたり)なんかも負担がかかって痛くなってくることがよくあるのですが、足首は下の方ということで体重がかなりかかるために痛くなりがちなのでしょう。

 特に足元の冷えで足首が痛む感覚が出ることも多いですが、その場合は第3腓骨筋に張りがあることが非常に多いです。

第3腓骨筋の場所

 親指で押さえているあたりが第3腓骨筋です。

 片方の足首が特に痛むような時はそちら側に重心が偏り気味になっていると考えられるので、当院の施術では、まず骨盤などの矯正でバランスを戻し、硬くなっている筋肉をほぐしてゆるめます。

 普段の歩き方の癖などで外側に体重がかかっている場合には、それにプラスして歩き方の指導も行い、日常で気を付けてもらうようにしています。

 体重が外にかかるのは、飲みすぎ食べ過ぎで胃腸が疲れ、体が重くなることでも起こりますので、冷えと重なると痛みが出やすくなります。
 
 ここをゆるめると足首が楽になりますが、ご自分でも冷やさないようにレッグウォーマーを使ったり、足湯なんかもお勧めですね。



(2016年6月ブログ記事及び12月ブログ記事にに加筆修正)

カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
3月の休み
5(日)、19(日)
20(月)
※7(火)は午後休
4月の休み予定
2(日)、16(日)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです






サイトマップ