本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で腰痛・肩こり、顎関節症、顔のゆがみ・むくみ解消(小顔)、姿勢・骨盤矯正。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

頭の形のゆがみ

赤ちゃんの向き癖から

 顔と言うのはどんな人にも多少の左右差があるものですが、左右差が少ないほうが印象良く見えます。

 頭を上から見るとわかりますが、ほとんどの場合、楕円にゆがみ癖が出ます。

 楕円といわれてもピンと来ないと思いますが、例えば
・左の後頭部が出ている時は、対角線上に反対側の右の頬骨やおでこが前に出っ張る
・右の後頭部が出ている時は、対角線上に反対側の左の頬骨やおでこが前に出っ張る

と言う具合に癖が出ているということです。

 いろんな方を施術していて、ほんとにたまに迷う事がありますが、ほぼ間違いなく上のパターンになっています。これが顔を正面から見た時の左右差にも当然つながってきます。

 ちなみにまぶたの一重、二重を見ると、
・頬骨やおでこが前に出っ張った側のほうが一重ぎみになりやすい
・逆に頬骨やおでこが奥まった側のほうが二重ぎみになりやすい
です。


 さて、頭の形が楕円の癖が強いほど赤ちゃんの頃の寝る向き癖の影響が強いのではないかと、僕はにらんでいます。

 というのも、出生時に産道を通るため、赤ちゃんの頭蓋骨はかなり変形できるように、がっちりと組み合わさっては出来ていません。とても動きやすいのです。赤ちゃんの頭に触れると、呼吸に合わせて動く感じがよくわかります。

 成長して頭の骨が組み合わさってしまうと、それまでのようなやわらかで大きな動きは徐々になくなります。
 だからある程度円に近い状態を保って大きくなれば、あとから大きく楕円の癖がつくことは少ないのではないかと思っています。

 そういう意味で、赤ちゃんや幼少時の頭の骨の柔らかい時になるべく癖をつけないようにしておくことが、大人になってからの顔の印象にも重要です。

 生まれた時、向き癖があることは多いのですが、ある程度は徐々に治ります。でも同じほうばかり向く時間が長くなると下側の部分は扁平になってきます。

 例えば、仰向けで左を向く癖があると、左の後頭部が接地面になるので、そこが扁平になり、相対的に右の後頭部は丸く出てきます。そして左の頬骨やおでこが前に出て、右の頬骨やおでこが扁平ぎみになる、このような傾向があります。

 頭を同じほうばかり向けるというのはからだの癖にも繋がってしまうので、できれば赤ちゃんは同じほうばかり向かせないほうがよいでしょう。

 そのためには、
・同じほうばかり向かないように枕などで調整する。
・おっぱいを吸わせる時に同じほうばかりを向かせないようにする。
 特におっぱいを吸う時、あかちゃんの頭蓋骨には強い力がかかるので、左右バランスよく向けて吸わせると、ゆがみが矯正されやすいです。

 また、大きくなってから、大人になってからも、顔や頭の形への影響を考えるなら、同じほうばかり向いて寝ないほうが無難だといえます。


 ちなみに、僕が時々教えていただく食養の先生の須永和尚によりますと、断食をすると頭の形が丸くなるのだそうです。
 僕は断食した事がないのでわからないのですが、いつか断食に挑戦したら確認してみたいと思います。


カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
5月の休み
3(水)〜5(金)、21(日)、
27(土)
6月の休み予定
4(日)、18(日)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです






サイトマップ