本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で腰痛・肩こり、顎関節症、顔のゆがみ・むくみ解消(小顔)、姿勢・骨盤矯正。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

フラダンスの際の腰痛

腰を横に振る動作の反復から

 フラダンスを踊る際に腰が痛むという症例をこれまで何度か目にしております。フラダンスで横に腰を振る時に痛むというのが多いです。

 フラは膝を曲げて中腰で踊るものが多いですから、結構足腰が疲れますね。

 腰を横に振る時に振った側の腰では肋骨と骨盤の位置が近くなります。わき腹を締める感じですね。
 そして姿勢が中腰ということもあり、骨盤を引き上げる動作も加わりますが、これらの動作に関わるのが腰の奥の腰方形筋や、骨盤の縁の腸骨筋です。

 腰方形筋は肋骨の下と骨盤の腸骨をつなぐ筋肉で、肋骨と骨盤を近づける動作で使いますが、過剰に緊張すると腰の下の方に痛みが出ます。

 一方腸骨筋は骨盤の内縁から股関節のほうにつながる筋肉で、一般的にはインナーマッスルの腸腰筋で知られます。腸腰筋とはこの腸骨筋と大腰筋からなり、骨盤を適切な位置で支える筋肉。
 膝を引き上げる際に使いますが、ここが過剰に緊張すると腰椎のあたりや下腹部から股関節のあたりに痛みを出します。
 フラでは腰を横に振る時に少し膝が上がりますが、この姿勢の時に緊張させるので、反復動作を行うと、ここも疲労してくることになります。

 ですので、このような症状の場合、わき腹の奥から腰、骨盤の内縁を丹念にゆるめるようにするのが重要です。

 さらにプラスして骨盤の可動性を改善しておくのがポイントです。

 自分で出来るストレッチとしては、わき腹を伸ばすような動作が有効ですよ。


(2017年2月ブログ記事に加筆修正)


  

カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
6月の休み
4(日)、18(日)
7月の休み予定
2(日)、16(日)、
17(月)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです






サイトマップ