本文へスキップ

横浜市中区元町の整体でフローリングや床で寝た時の腰痛を改善。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

暑くてもフローリング・床では寝ない

フローリングや床では体が休まりにくいです

 ぎっくり腰のような痛みの施術を行った後は、楽な体勢でゆっくりと休んでもらうと回復が良いのです。

 先日、数年ぶりにぎっくり腰でお越しになった方がいらしたので、いつものように施術し、終わった後にはかなり楽になったということでしたので、その日はお帰りいただいたのですが、翌日、朝起きたら痛くなったというご連絡が。

 見てみますと、昨日お越しになったときの状態に少し戻っているようでしたので、もしかしたら寝ている環境に何かあるのではと思い伺ってみたところ、やはりありました。
どうやら床のような硬いところにビーズクッションで寝ているとのこと。

 自分に合った布団やベッドで寝る時、体重が分散して布団やマットレスにかかり、体が休まりますが、合わない布団やベッドで寝ると、体重が上手く分散せずどこかしらに集中して力がかかるため、そういうところが痛くなったりすることがあるんです。

 ましてや床のような硬いところだと背中の一部で体を支えているような感じになるので、床に当たっているところなんかは痛くなりますね。

 さらに最近はフローリングの床が多いので、夏場は暑いからフローリングの上で直に寝る方もいらっしゃいますが、フローリングというのはとても冷えるのです。大理石なんてもっと冷えます。
 なので体重が分散しないという状況にプラスして腰や背中、首などが冷えてしまい、朝起きたら痛くて動けないなどという事がしばしば起こるんです。体が休まりにくいのでお勧めいたしません。

 時々こうした患者さんがお見えになりますが、体は基本的に冷やしてはいけないのです。

 というわけで、
 ・体重が分散せず、床面に当たっている部分だけに圧力がかかる。
 ・冷えによって筋肉に血行不良が起こる。
 のが、痛くなる原因ですね。

 だからや腰痛がある時なんかに床なんかで寝てしまうと、余計に悪化する恐れがあります。

 さらに言うと、フローリングの上に直に布団を敷いて寝るのも体を冷やします。敷布団だけだと、フローリングの冷たさが体に伝わってしまいます。マットレスだけ敷くというのも冷えます。

 その場合、朝起きた時に腰が痛いけど、しばらく動いていると治まってくるという症状が出やすいですね。

 フローリングでは必ずマットレスを敷いてその上に布団を敷いてください。マットレスが無ければ、せめて毛布を床と布団の間に敷いてください。


 お越しいただいた方の場合も、その後、出張やなんやかんやでいつもと違う場所で寝る機会が多かったようで、翌週にお越しの際にも若干違和感が残っていましたが、それでも多少寝る場所に気を付けていらしたおかげで、腰の状態はだいぶ改善していました。

 ちなみにビーズクッションも首の支えになりにくく、首が痛くなりやすいです。
ちゃんとした枕で寝るようにしましょう。


 酔っ払って床で寝てしまうと、後が大変ですよ。



(2017年8月ブログ記事に加筆修正)

カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
10月の休み
1(日)、9(月)、
15(日)
11月の休み予定
3(金)、5(日)、
19(日)、23(木)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです






サイトマップ