本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で腰痛・肩こり、顎関節症、顔のゆがみ・むくみ解消(小顔)、姿勢・骨盤矯正。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

産後のふくらはぎのむくみと膝の痛み

腰椎3番との関連

 妊娠中から産後にかけて手足がむくむという症状が出ることは多いです。

さらに、産後に膝が痛むといった症状が出ることも多いですね。

 先日、ふくらはぎのむくみと膝の痛みの両方のお悩みの方がいらっしゃったのですが、その方に限らずこの二つが重なって出ていることは珍しくありません。

 産後に手足がむくむのは、出産による体内での水分バランスの崩れ、母乳生産のための水分貯留など、いくつかの要因があるようです。

 水分バランスに関連するのは腎臓・膀胱といった泌尿器系。椎骨で言うと腎臓は腰椎3番あたりと関連します。
 腰椎3番は体の捻じり運動にも関連が深いので、腎臓の負担は体の捻じれにつながります。
 体が捻じれると、体重が偏って下半身にかかるので、腰や股関節、膝、足首などどこかに支障が出ます。特に膝には違和感が出やすいですね。


 さて、むくみというとリンパ管、お腹の奥や股関節の内側、なのですが、水分の移動には静脈が圧倒的に多いのです。下肢静脈は脚の内側に太いのが流れています。

 というわけでふくらはぎのむくみに関してですが、まず僕は股関節から太ももの内側をよくほぐし、そのうえで、ふくらはぎを念入りにほぐします。
 筋肉をほぐすのは、筋肉に緊張があるとその部分が伸び縮みしにくくなっているため、血流が悪くなりやすいからです。血流とリンパ液の流れは表裏一体です。

 ふくらはぎには二つの筋肉があり、表面が腓腹筋、その奥(すねの骨に近い方)がヒラメ筋と言います。
 表面の腓腹筋はほぐしやすいですが、奥のヒラメ筋は上からはほぐしにくく、すねに近いところを横から押したり、つかんだりしてほぐします。
 寝るなり座るなりして、膝を曲げてふくらはぎをたるたるにした状態だと奥までほぐしやすいです。

 そうしつつ、膝や足首に捻じれが出ている場合はそれを戻しておきます。膝の場合、すねの骨が外に向くと違和感が出やすいのです。


 腎臓は冷えに弱い場所です。
 これから気温が下がっていきますので、体を冷やさないように冷たい物は控え、温かいもので少しずつ水分を摂りましょう。


(2016年10月ブログ記事より加筆修正)

カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
8月の休み
6(日)、11(金)、
14(月)、15(火)、
20(日)
9月の休み予定
3(日)、17(日)、
18(月)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです






サイトマップ