本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で腰痛・肩こり、顎関節症、顔のゆがみ・むくみ解消(小顔)、姿勢・骨盤矯正。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

産後の骨盤のぐらつき、座るとお尻の骨が当たる

産後多いです。

 産後数か月経っても骨盤あたりがぐらつく、不安定だという症状の方を時々見受けます。

 妊娠中から骨盤を支える靭帯を弛めるためのホルモンが出て、骨盤は出産時に一番拡がります。

 産後は拡がった骨盤を戻すようなホルモンが出ますが、そんなにすぐには戻らないので、通常は以前の感じに戻るのに2か月くらいかかります。

 でも、人によってはもっとかかって、半年くらい経っても骨盤が不安定な方もいらっしゃいます。

 ・立っている時にしっくりこない
 ・恥骨、仙骨(お尻側)、股関節に違和感がある
 ・腰もそうだが、その下のお尻のほうに痛みがある
 ・座った時にお尻の骨が当たって痛い 

 というような症状を訴えられます。

 座った時にお尻の骨が当たって痛いというのは、床に座ったり、お風呂に入ったりの時に特に感じるようです。

 当たる部分は、骨盤の真ん中の仙骨とその下の尾骨という場所で、ここが浮き上がって、丸く盛り上がった感じになっています。

 産後すぐは骨盤がひろがって、ここも後ろに浮き出て丸くなってるので、仰向けに寝ると、床に当たって痛かったりするのですが、通常は徐々に骨盤が戻ってくにつれ、じきに痛くなくなってきます。

 が、数か月経っても、いまひとつ骨盤の戻りが悪いと、ここが盛り上がったままになって、座ると骨が当たるのです。

 このような症状のほとんどの場合、骨盤を安定させている筋肉が弱ってしまっていることが大きな原因です。

 妊娠中・出産・産後しばらくの間は運動量が減るため、筋力が落ちてしまい、骨盤を支えにくくなるからなんですね。

 骨盤を支えている筋肉の中でも重要なのは、腸腰筋のようなお腹の奥の筋肉です。深層筋です。

 腸腰筋が弱っていると、妊娠中からのお腹が前に出た姿勢が戻りにくく、腰が反った状態になり、仙骨が後ろに浮き出て、出尻のような恰好になるんです。
 で、さらに腰痛も起こりやすくなります。

 さらにお尻そのものの筋肉や太ももの内側の筋肉なんかも骨盤を支える意味で重要ポイント。これらは骨盤を支えるという意味だけでなく、スタイル維持という意味でも重要ですね。

 骨盤を調整し、脚の筋肉をほぐしたり股関節を回したりして、下半身の筋肉がゆるむだけでも以前の感じに戻っていきやすくはなりますが、やはり弱った筋力を戻すことも骨盤回復の近道。

 ですので当院では、施術だけでなく、その人に合わせて弱っている筋肉のエクササイズ方法なども指導しています。

 施術とちょっとした筋トレを同時に行えば骨盤を安定させるのがとても早くなります。


(2016年 7月ブログ記事より加筆修正)


カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
5月の休み
3(水)〜5(金)、21(日)、
27(土)
6月の休み予定
4(日)、18(日)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです






サイトマップ