本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で知覚過敏による膝の鋭い痛みを施術。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

膝の鋭い痛み(知覚過敏)

服がこすれるだけで痛みが走ります

 時々来て下さる方が、このところ左膝の鋭い痛みがあるとおっしゃいました。

 膝のお皿の下あたりにものが触れるだけ痛むそうで、服がこすれるようなのもダメ。

 もう30年以上前に症状が出て、その後病院でいろいろ検査したものの原因が分からなかったものだそうで、しばらくは症状が落ち着いていたので痛みはそこまででもなく、立膝ができないくらいで治まっていたのでした。それがこの数日また急にひどいとのこと。

 実際に僕も触らせていただいてみましたが、お皿の下をほんの少し押しただけで「痛いっ」と脚をひっこめるくらいでした。

 動作によって痛みが増すという感じでもないので、筋肉の緊張からと言うよりは皮膚近くの知覚過敏ではないかと思いました。

 このような異常な知覚は骨のズレによって起こることがあるので、膝の関節でのズレを疑い検査してみました。

前十字靭帯と後十字靭帯の検査

 膝関節は大腿骨と脛骨によってなりますが、この位置関係によって異常が出ることがあります。
 いくつか調べた中で、脛骨を前に引っ張った時(青の→の方向)は知覚過敏が和らぎました。
 ここから脛骨が後方(赤い←)にずれていることが疑われたので、そのまましばらく脛骨を青のほうに引っ張って矯正したところ、触った時の痛みがとりあえず治まりました。

 ちなみにこの方法は膝の十字靭帯の断裂の検査でもあって、前十字靭帯断裂だと青のほうに引っ張った時ゆるくなって(抵抗がなくなる)、後十字靭帯損傷だと赤のほうに押したときにゆるくなります。

 もう症状が出てから非常に長い時間が経過しているので、おそらくまだ何度かの施術は必要になると思われます。


(2018年11月ブログ記事より加筆修正)

カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
1月の休み
1〜3(木)、
※4(金)は午後休
14(月)、20(日)
2月の休み予定
3(日)、11(月)、
17(日)


ご予約&お問い合わせは
045-664-6601

電話がつながりにくい場合はメールでのご予約&お問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

下の当院Twitter @papacura のダイレクトメッセージや、
FacebookページのメッセージもOKです!
※ご予約の際はお名前とお電話番号のご記載をお願いします。


★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです





サイトマップ