本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で腰痛・肩こり、顎関節症、顔のゆがみ・むくみ解消(小顔)、姿勢・骨盤矯正。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

膝の痛み

実は太ももの筋肉の緊張。

 膝が痛いというと、軟骨が磨り減っているからだとかいわれますね。

 ですが軟骨自体には知覚神経はありません。骨の関節面の軟骨部分は骨同士が当たる事も想定されているのでしょうか、痛みを感じないように出来ています。

 ですので、軟骨が磨り減っただけでは痛みは出ません。レントゲンで軟骨が減っているように見えても痛みの無い方はたくさんいらっしゃいます。40、50を超えてくると、痛みが無い人にも軟骨の減りがかなりの割合であります。

 しかもさらに軟骨が無くなって、関節内で骨質同士が当たったとしても、なんと骨質にも知覚神経はあまり無く、大部分は血管運動神経なので、理論上あまり痛みを感じないはずなのです。
 骨質を外科的に切ってもあまり痛みを感じないようです。
 骨折などの際の痛みは、骨をおおう骨膜からのものなのです。


 じゃあ膝の痛みはどこから出ているんでしょう?

 考えられるのは膝の周りの筋肉、靭帯、腱、滑膜でしょうか。


 膝の痛みで僕がよく見かけるのは、太ももの筋肉である大腿四頭筋のハリ(過緊張)からくるものです。

 大腿四頭筋群は内側が内側広筋、真ん中が大腿直筋、その下に中間広筋、外側が外側広筋という4つの筋肉からなっています。
 この筋肉群は膝を伸ばす時の筋肉で、このうち膝の痛みに関連が深いのは、内側広筋・大腿直筋・外側広筋です。

 この筋肉群のどれかが過緊張していると、歩いたりする時に痛みが出るのですが、大抵階段を降りる時が特につらいです。

 内側広筋に過緊張があれば膝の内側に、大腿直筋に過緊張があれば膝の前に、外側広筋に過緊張があれば膝の外側に痛みが出ることが多いです。

 
 太ももの前側をいろいろ押してみて、痛い点(トリガーポイント)はありませんか?

 あったらそこをよく揉みほぐしてください。

 そして太ももの前側をストレッチすることです。


 反対に、膝の裏側が痛い場合、太ももの裏の大腿二頭筋、膝の真裏の膝窩筋、ふくらはぎの腓腹筋、これらのいずれか(または複数同時)の過緊張によることが多いです。

 大腿二頭筋には脚を伸ばして前屈する、膝窩筋は足を手前に上げて膝をぐっと伸ばす、腓腹筋はアキレス腱伸ばしといったストレッチが効果的です。

カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
4月の休み
2(日)、16(日)
※29(土)は祝日ですが営業
5月の休み予定
3(水)〜5(金)、21(日)、
27(土)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです






サイトマップ