本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で腰痛だが、股関節を開いて寝ると楽な場合に。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

腰痛の時、股関節を開いてい寝ると楽な場合

内転筋をゆるめる

 急な腰痛、ぎっくり腰になった際、ひどいと寝ているのでさえつらいことがあります。

 こういう時には楽な体勢を探して休ませるのが一番です。痛いほうを上にしているほうが楽なことが多いですね。

 腰痛の時、仰向けで寝て膝を曲げて股関節を開くと腰の痛い側のほうは硬くていつものように開かないことが多いです。例えばこんな感じです。

右股関節が開きにくい

 上の写真は右側が開かない場合です。

仰向けで右膝を曲げ股関節を開いている

 ところが脚を伸ばして寝るとつらいのに、上のように股関節を開いて膝を曲げていると腰が楽なことがあります。
 この場合、内股の筋肉(内転筋)が硬く張っているのです。この内転筋が張っていると、立った時に骨盤が立ちにくく腰が伸びない感じになるのです。そこで、

右内転筋を押す

 このように股の内側の硬い部分をほぐしてやると、徐々に股関節が開いてきます。痛いけど気持ち良い程度の力で1〜2分程度で良いです。寝たままでOK。

仰向けで膝を曲げ、両股関節を開く

 上のように両足を開いた方が腰が楽な場合は、両側の内股の脚の付け根をほぐすと良いです。

 腰が痛いけど、仰向けに寝て脚を開いた方が楽だという時にはぜひお試しください。



(2017年10月ブログ記事に加筆修正)

カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
11月の休み
3(金)、5(日)、
19(日)、23(木)
12月の休み予定
3(日)、17(日)、
31(日)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです






サイトマップ