本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で腰痛・肩こり、顎関節症、顔のゆがみ・むくみ解消(小顔)、姿勢・骨盤矯正。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

肩の下がりと痛み

脇の下の筋肉 大円筋 広背筋 肩甲下筋

 肩を動かしたり回したりで痛みが出ることがありますね。
 動かしたときに痛むという場合、まず疑うのは筋肉のトラブル。

 肩関節は骨と骨がしっかりとつながっているわけではなくて、靭帯などでつながっている面が多く、そのおかげで複雑な動きが可能となっています。
 が、複雑な動きができる半面傷めやすい場所でもあります。

 肩を動かす筋肉もいろいろありますから、どの場所にトラブルがあるかを特定するには、どの動きでどこが痛むかを観察します。
 あとはじっとしている時の見た目の状態、そして触った感じ。

 見た目の感じで言うと分かりやすいところでは左右の肩の高さの違い。
 肩甲骨の一番外側の肩峰というところで確かめるのですが、痛い側のほうが下がってることがあります。

 そういう時に怪しむ場所は脇の下。

 脇の下は胸側と背中側に分けられますが、特に背中側。背中側をつまむとそこが大円筋と広背筋。その奥には肩甲下筋。

脇の下をつまむ

 この肩甲下筋というのが特にくせもの。肩の関節を安定させている筋肉の一つで、肩のあらゆる動きに関連します。だからここを傷めるといろんな動きで痛みます。

 このあたりの筋肉を傷めていると、その過剰な緊張が肩甲骨を引き下げるため、肩自体が下がって見えることがあるのです。

 傷めている場合は触れば分かりやすいです。
 脇の下をつまんでみた時、痛い側のほうが分厚い感じがします。押すと痛みがあるでしょう。
 肩甲下筋は脇の下の奥にちょっと指を突っ込むと押せます。

肩甲下筋を押す

 自分で緩める場合は、脇の下をつまんで腕を下ろし、肩だけを回すと良いでしょう。
 あくまで痛いけど気持ち良いくらいの強さで、やりすぎないことです。

 この場所はスポーツで傷めたり、事故で傷めたりなどが多いです。放っておくといつまででも痛かったりするので、放置せず専門家にご相談ください。


(2016年2月ブログ記事より)


カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
12月の休み
3(日)、17(日)、
31(日)
1月の休み予定
1(日)〜4(木)、
7(日)、8(月)、
21(日)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです






サイトマップ