本文へスキップ

横浜市中区元町の整体でまぶたの重さと首や肩の凝りが解消。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

まぶたの重さと肩こり

まぶたから頭、そして首、肩へのつながり 春

 体がだるい・重い春の季節がやってきました。なんだか眠たいですよね。

 まぶたが重く感じるような時、実は首や肩のコリが原因になっていることがあります。

 試しに、左右どちらかの後頭部の皮膚に触れて、少し目線を下にまぶたの力を抜いたところから、グッと正面を見て目を開いてみましょう。

 するとかすかにではありますが、後頭部の皮膚が動くのが分かると思います。

 まぶたは額から頭皮を通じて首や肩の筋肉につながっているため、首や肩のコリが強くなると、まぶたを引っ張り上げる力が弱くなってしまうんです。逆に加齢によりまぶたを引き上げる筋肉が衰えると、首肩のコリにつながることもあります。

 まぶたの重さには首肩の関連がとても大きいですが、背中や腰といった箇所も関連してはきます。
 胃腸の疲れ→背中・腰の張り→肩こり→まぶたの重さ というつながりです。
 だから、体がとても疲れているような時もやはりまぶたが重くなりますね。

 特に春先は季節の変わり目に加え、異動、引っ越し、入学などイベントが多いのが重なって、とても体が疲れるので、このような不調も感じやすいと思います。

 まぶたが重く目が開きにくいと余計に眠く感じるものですが、シャキッとしたいなら、大きく深呼吸を数回行いましょう。呼吸器が働く季節なので、肺が動くとスッキリします。

 時間に余裕のある方は早歩きで散歩などがおすすめです。


(2017年4月 ブログ記事に加筆修正)



カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
4月の休み
2(日)、16(日)
※29(土)は祝日ですが営業
5月の休み予定
3(水)〜5(金)、21(日)、
27(土)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです






サイトマップ