本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で腰痛・肩こり、顎関節症、顔のゆがみ・むくみ解消(小顔)、姿勢・骨盤矯正。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

2012年7月

梅雨のむくみ

こんにちは
カイロプラクティックCura
榎本です。


梅雨に入り、患者さんからの相談としてやはり多いのはむくみ。
特に脚、ふくらはぎです。

去年のこのメールでもこの話題を取り上げております。

「整体では、梅雨の後半には脛の骨の内側のふくらはぎを圧すと良いとされています。
上から下に圧していって、痛い所があれば気持ちよい程度に圧してください。

圧すのは筋肉で言うとヒラメ筋という筋肉で、ふくらはぎの奥の筋肉です。
ふくらはぎにはヒラメ筋と腓腹筋という二つの筋肉がありますが、
いわゆる第2の心臓というのはこのヒラメ筋のほうで、
ここがポンプの役目をして血液を心臓に戻しています。

梅雨時期は湿度が上がって、皮膚呼吸しにくくなるので、
汗をかきにくくなって、水分が体に溜まりむくみ、腎臓が疲れますが、
ヒラメ筋を圧すことで、水分代謝を助ける事になります。」

こういうことを書きました。

さらに付け足しますと、
脛の内側のふくらはぎを圧すとヒラメ筋にアプローチできるのですが、
外側を圧すのももちろん良いのです。
脛の骨(脛骨)の外側にもう一本細い骨(腓骨)があります。
そことの際のふくらはぎを圧すのです。
ヒラメ筋って深い筋肉なので、こういうふうにしないと触れないのです。

だから、ふくらはぎを手で握るようにして、中指と親指で骨際を上から下へ揉む、
この場合は右のふくらはぎなら左手で、左のふくらはぎなら右手でやるとやりやすいです。
または、両手の親指でふくらはぎの骨際を内外からはさむように、上から下へ圧す、
なんていうのも良いです。

あとは先月と引き続き、
・動く
・入浴する
などで、わざと汗をかくようにしておいたほうが良いです。



最後に、このメールでお気づきの点があれば、
いつでもご連絡ください。
ではまた。

カイロプラクティックCura
榎本賀一

ブログ
http://blog.livedoor.jp/papacura/
HP
http://cura1.net/
twitterでは @papacura
facebookでは 榎本 賀一
mixiではえのやん


カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
8月の休み
5(日)、
12(日)〜15(水)
9月の休み予定
2(日)、16(日)、
17(月)、24(月)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです





サイトマップ