本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で腰痛・肩こり、顎関節症、顔のゆがみ・むくみ解消(小顔)、姿勢・骨盤矯正。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

産後の骨盤を寝たまま無理なく戻す簡単な方法

産後にお勧めです。

 お子さんを出産して拡がってしまった骨盤周りを、妊娠前の状態に早く戻したいということでお見えになる方が多くなりました。

 骨盤は真ん中に仙骨、それを挟むように二つの腸骨があり、それらは靭帯でガチッとくっついていますが、妊娠してお腹が大きくなると、その靭帯がほんのちょっと緩みます。

 そしてお腹が大きくなるにつれ、骨盤の幅がちょっと広くなり、腰が反ったようになってきます。歩き方も股を開き気味になります。

 さて、人間には回復能力がありますから、産後は出産時にグッと拡がった骨盤も自然と戻っていきますが、妊娠中から産後しばらくは運動量が減りますから、全体的に筋力が落ちていることも多いです。
 骨盤周囲を支えている筋肉も弱くなっているので、その場合妊娠前の状態に戻りにくいのです。

 というわけで、骨盤を妊娠前の状態に戻すために、ちょっと動かしておくと効果的な筋肉がいくつかあります。

 産後すぐに動き出すのは体がつらいでしょうから、下にそれら筋肉を寝た状態で簡単に刺激する方法をあげておきます。

1 腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)
 骨盤を支える重要な筋肉で、腰の骨から骨盤を抜けて脚の付け根にくっついています。

 この筋肉が弱っていると、腰の骨は反り気味、骨盤は拡がったままになりやすいです。だから何もしなければ、骨盤はある程度までしか戻りにくいです。

 仰向けに寝ると、腰が反ってつらい。床に仙骨が当たって痛い。
 こんな時は腸腰筋の運動がおすすめです。

 「仰向けに寝て、反って浮いてしまっている腰の部分を、ギュッと床ないし布団に押し付けます。その時下腹に力が入っているのを確認してください。7,8秒全力で行います。一回でもいいです。」


2 骨盤底筋群

 骨盤の形は下のほうがすぼまっているのですが、出産時には下のほうは当然拡がります。
 この下のほうには、いわゆる骨盤底筋があります。尿漏れの場合に鍛えると良いところです。

 ここを鍛えるやり方は調べればいろいろ出てくると思いますが、要は肛門から膣をギュッと閉めればよいです。

 「仰向けに寝て、膝を立て、できれば両足はくっつけて膝を閉じます。そのまま腰を持ち上げ、肛門から膣をギュッと閉めましょう。」


3 内転筋

 太ももの内側です。股を閉じるような運動がよいです。脚の間にボールを挟んだりする方法もありますが、寝ておこなうなら、

 「足首を内側に10回くらい回します。脚を内側に持ってきたときにギュッと力を込めます。これだけでも刺激されます。さらにつらくなければ股関節を内側に回すのも良いです」


 これらは毎日寝る前にでもちょっとだけ行っておくと良いでしょう。ただし、痛い場合は無理に行わないようにしてください。

カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
5月の休み
3(水)〜5(金)、21(日)、
27(土)
6月の休み予定
4(日)、18(日)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです






サイトマップ