本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で腰痛・肩こり、顎関節症、顔のゆがみ・むくみ解消(小顔)、姿勢・骨盤矯正。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305


顎の痛みのタイプチェックとセルフケア

外側翼突筋と顎二腹筋(&胸鎖乳突筋)

 口を開けると痛い場合の原因筋には外側翼突筋と顎二腹筋(&胸鎖乳突筋)があります。

 まず、外側翼突筋は下顎と頭蓋骨をつないでおり、口を開ける時、閉じる時のどちらの時も使いますが、分かりやすいのは、顎を前に突き出す時です。または、横にスライドさせた時なんかもあります。

 ですので、口を開けても閉じても痛いというのはここの過緊張が考えられます。

 痛みは、頬骨のあたりから、耳の前の顎関節のあたりに出ます。

(外側翼突筋)


場所は人差し指で押さえたあたりです。

顎の力を抜いて、頬骨のすぐ下から耳にかけてのくぼんだ所あたりを、やや耳の方へ向けて押してみましょう。

2〜3分押してみて、顎が楽になっているか、痛みが軽くなっているか確認してみましょう。

楽になっているなら、そのまま数分続けます。


さらにもう一つ。口を開ける筋肉は、他に顎の裏(のどの上辺り)にあります(顎二腹筋・顎舌骨筋・オトガイ舌骨筋)。

これらが過緊張しても顎の辺りには痛みは出さないことが多いとされているのですが、僕の経験上、耳の下のえらの骨の下内側あたりに圧痛がある場合が多いです(内側翼突筋の場所に近い)。これは顎二腹筋です。

※この顎二腹筋は顎関節のある側頭骨につながりますが、その上に胸鎖乳突筋という首の大きな筋肉もつながっています。僕の見る限りではこの胸鎖乳突筋の緊張も顎の痛みに関連しているようです。

(顎二腹筋)


口耳の下のえらの骨の下側あたりをちょっと押してみてください。
痛みがあるようなら、しばらく上と同様に押し続けてみましょう。

しばらくして、押し始めたときの痛みが治まってきたら指を離します。

これをたまにやってみてください。


※なおどちらの筋肉でも、緊張がかなり強ければ、押すと痛みがあるかもしれません。
そんな時はあまり強く押しすぎないようにしましょう。

しばらく押し続けると、数分で痛さをあまり感じなくなってくる事が多いです。

 痛さをあまり感じなくなったら、そこで一旦離し、再び押します。

 これを何回か繰り返していると、徐々に最初に押したときよりも、痛さがやわらいでくると思います。

 再び押してもあまり痛くなくなったら、そこで終わりにします。

 頻繁に押し過ぎると、余計に痛くなる可能性があるので、一日に2回(朝、晩)ぐらいにしておきましょう。


カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
8月の休み
5(日)、
12(日)〜15(水)
9月の休み予定
2(日)、16(日)、
17(月)、24(月)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです





サイトマップ