本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で腰痛・肩こり、顎関節症、顔のゆがみ・むくみ解消(小顔)、姿勢・骨盤矯正。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

四十肩(五十肩)

腕が上がらない、後ろに回せない

  四十肩(最近は五十肩なんて言うこともあります)を患う方はとても多いですね。

 肩が痛くて腕が上がらない、後ろに回せない、寝てても痛い等、
痛みの強さはまちまちではありますが、皆さん同じような訴えをなさいます。

 そして何かの拍子に傷めたというよりは、原因がよくわからないうちにだんだん痛くなってしまったというのがとても多いです。
 医学的にも、原因はこれだと決まったものはまだありません。いろいろな要因が重なったりしていると思われます。
 放って置いたら、勝手に良くなったりするので、難しいものです。


 四十肩にもいろんなパターンがありますが、僕が見る限りでは、まず殆どの場合、肩を動かす筋肉群(三角筋、棘上筋、棘下筋、大円筋など)、肩甲骨周囲の筋肉のいずれかまたは複数個所に強い緊張や圧痛があり、肩甲骨や肩関節の位置も正常側と比べてずれています。 これら緊張を和らげ、ズレの箇所を正常に戻すようにすれば、痛みが軽くなってきます。


「腕を上げようとしても、痛くて上げられない」という場合

1 一般的に肩こりという時の「肩」の部分(首の下と言いましょうか)が痛い
2 肩の関節の部分が痛い

です。


1 一般的に肩こりという時の「肩」の部分(首の下あたり)が痛い

僧帽筋

 僧帽筋(上の写真の青いラインに囲まれた所)や、

肩甲挙筋

 肩甲挙筋(上の写真の赤いライン)といった筋肉に緊張が出ていると思われます。
 この場合はいわゆる肩もみ的な感じで、押すと痛い所(トリガーポイント)を探して、痛気持ちいい程度にしばらく押してやると良いでしょう。

 また、もう少し肩甲骨近くなら、棘上筋という筋肉があります。肩甲骨の上あたりにあるという感覚だと思います。ここにも押して痛い所があるかもしれません。


症例)「腕を上げようとすると肩が痛む」と仰ってのご来院。
 症状は右に出ていましたので観てみましたら、まず普通にしている時から右肩がやや上がっていました。鎖骨の位置もやや上がっていて、肩がやや前に出ている感じでした。

 肩が上がる時に働く筋肉で大きなものは僧帽筋。肩こりの筋肉ですね。(上の一枚目の写真参照)



 肩の盛り上がるところですね。まさに肩凝るところでしょう。

僧帽筋を上から観る

 実は僧帽筋は前のほうにまで来ていて、今回痛むと仰っていたのは赤丸のあたり。鎖骨のすぐ上で肩関節に近い場所でした。

 腕を上に挙げるような動作をよっぽど反復でもしたのかと思い、伺ってみたら、寝る時に必ずお子様が自分の脇の下に来るらしく、しかたなく右腕を上げて寝ているのだそう。そりゃ長時間腕が上がっていたら痛くなりますね。

 この個所を念入りにゆるめたところ、幸い一度の施術で痛みは治まりました。あとはちょっと寝方を工夫していただくようにお話しました。


2 肩の関節の部分が痛い

 四十肩というとたいていこちらを指します。

三角筋

 肩関節を覆う筋肉である三角筋(上の写真)のどこかに緊張があることが多、ここの緊張による症状でわりと多いものは
「真横または斜め前に腕を上げるのはつらく、前に上げるのはいくらかできる」
というような症状。

三角筋とトリガーポイント

 赤いラインで囲ったあたりが三角筋で、押すと痛い箇所は青丸のあたり。
 ここ以外にも肩の痛みを引き起こすものはありますが、腕を上げるのがつらい場合にはまずここをチェックします。というのも肩を上げるのにダイレクトに関連するからですね。

 痛い側と触って比べれば、張りのあるところは分かりますので、ここに張りがあれば念入りにほぐしてゆるめると良いです。

三角筋のストレッチ

 ストレッチをするなら、このように親指を下に向けて何か台の上に載せます。台が低い時はしゃがんでいくとストレッチできます。

 ほぐしてゆるめる時も赤のラインの辺りを目安にして行うと良いです。

 このように腕を前に上げると痛いとき、肩関節の前側に押して痛い所(トリガーポイント)があります。


 一方腕を後に伸ばして痛い時には、肩関節の後側に押すと痛い所(トリガーポイント)があることが多いのですが、そうでない場合もまたあります。ここからはその説明です。

 「腕を後に回せない」という場合では色々なパターンがあります。よく見かけるものを大まかに分けてみました。

1 腕を下に垂らしてまっすぐ後にもっていった時、肩の関節が痛い

 この場合は三角筋という肩関節を覆う筋肉に緊張があり、肩関節の後に押すと痛い点があります。上で述べたものの反対側ですね。

三角筋後部のトリガーポイント

 三角筋の後ろの圧痛点は写真の青い丸のあたりです。

三角筋後部のストレッチ

 ここはこんな風にストレッチすると良いですね。

2 腕を水平くらいに上げて、そこから後ろに引く時に肩が痛い

棘下筋

 ボールを投げる時に後へ引くような動作ですね。この場合は棘下筋(上の写真で指で押さえているところ)という肩甲骨の上の筋肉に緊張があり、肩甲骨を押すとどこかに痛い点(トリガーポイント)があります。

3 ズボンにベルトを通すような動作が痛い

 この場合は大円筋・広背筋といった筋肉に緊張があります。わきの下あたりをつまんでみて、痛い点を探してみてください。

大円筋・広背筋をつまむ

 このあたりです。


 実際には、上のようなパターンがいくつも重なっている事が多いので、あっちに動かしてもこっちに動かしても痛いということが多いでしょう。

 上のパターンを基に痛い点を探してみて、あったらそこをよく揉み解すのが有効で、痛いけど気持ち良い程度の力で90秒押すのを数回繰り返す、というのがおすすめです。


 四十肩の場合、不思議なことに放っておいても1年ぐらいで痛み自体は治まってくることが多く、それを知ってか、何もせずにそのままにしておく方もいらっしゃいます。

 ところが、自然に痛みが治まるまで何もせずにいると、痛みは治まっても動く範囲が以前に比べて狭くなってしまうことがとても多いのです。

 というのも筋肉の強い緊張は治まったとはいえ硬さは残っていますし、肩甲骨の位置や肩関節の位置はズレたままだからです。動かしてないですからね。

 痛みがあるのを無理に動かすと、痛みが出るのが癖になるのでお勧めしませんが、痛くない範囲ではよく動かすようにしておかないと、痛みが治まった後に動かせる範囲が狭くなってしまうのです。
 これは四十肩に限らず他の痛みの場合にも言えます。

 ですので、四十肩はあまり放っておかず、カイロプラクティックなどの施術によって、肩甲骨や肩関節の位置を戻して、筋肉の緊張をゆるめてやったほうが回復も早く、後々関節の可動域も狭くならずに済むんですよ。


 いずれにせよ、四十肩の時には、
・痛みの出る動きはなるべく避けつつ、痛みのない範囲で動かす
・痛いほうを下にして寝ない
・冷やさずよく温める(急性期以外)
 
 あたりを気をつけておいてください。


(2019年5月ブログ記事6月ブログ記事に加筆修正)



カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

 

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

※営業再開のお知らせ
 営業を再開しておりますが、当面は営業時間を短縮します。
 以前と変更がありますので、下記にてご確認ください。

月火木金土 13時〜18時
水日 10時〜18時

(基本第1、3日曜と祝日は休み。時間外はご相談ください。

お子様連れは
月火金曜の13時〜15時の受付です(16時はご相談ください)。
水曜日は朝10時のみ託児できることがありますのでお問い合わせください
※2日前までに予約ください

不定休、予約優先

ご予約&お問い合わせは
TEL
045-664-6601


 電話受付時間外のお問い合わせは下のメールか、 当院Twitter @papacura のダイレクトメッセージや、Facebookページのメッセージで直接ご連絡ください。
 メールの際はお名前とお電話番号のご記載をお願いいたします。


(メールの受信設定をお願いいたします)

休業日の案内
10月の休み
4(日)、18(日)
11月の休み予定
1(日)、3(火)、
15(日)、23(月)

 土日も営業しておりますが、独りで施術する都合上、予約を優先とさせていただいております。お早めにご予約ください。

※新型コロナウィルスへの対策

・当院はマンツーマンでの施術ですので、基本的に大人数で院内にいることはありません。
・院内ではお受けいただく方も施術中のマスクご着用をお願いしております。
・手指、ベッド周り、ドアノブなどのアルコール消毒
・毎回のこまめな換気
・フェイスペーパーの毎回交換廃棄
・フェイスタオルの毎回交換
を行っております。
・顔の施術はマスクをお外しいただきますが、フェイスタオルをかけた状態で行います。


「ここに来ればなんとかしてくれる」
と多くの方に喜んでいただいています!
いつまでも動ける体でいるためのオーダーメイド施術!

こんなの症状でお悩みでは?
・肩こり・腰痛・慢性疲労・ヘルニアの痛み、股関節痛、むちうち
・四十肩・頭痛・手足のしびれ、腱鞘炎、膝の痛み、背中の痛み
・姿勢のゆがみ・猫背・骨盤矯正
・産後の骨盤ケアと体型戻し
・妊娠中(産前)産後の不調

さらに
・顎関節症
・顔のゆがみ・小顔引き締め
・О脚X脚矯正


など、さまざまなお悩みに対応しています。
コースの詳細ページへ


初回施術30%OFFキャンペーン実施中!
5,500円→3,850円(税込)
その他のキャンペーンなども料金案内をご覧ください


施術歴22年の院長がすべて施術いたします!
 横浜元町に2004年開院。
紹介口コミの評判多数!2万件以上の施術実績。

 Curaでは、院長の榎本が責任を持って、皆様の体に合わせたオーダーメイドかつ熟練の整体技術で、筋肉の緊張・コリをほぐし、骨盤・背骨など骨格の歪みを矯正します。


☆子連れ・無料託児サービス
◎乳幼児をお連れでお受けいただけます! (無料、要予約)
・受付は基本的に月、火、金曜日の13時〜15時(16時はご相談ください)。
(水曜日は朝10時のみ託児できることがありますのでお問い合わせください)
・必ず二日前までにご連絡ください。
・専任スタッフ(院長妻)が付き添います。
 ニチイ学館「ベビーシッター」
 NPO法人新保育学会認定「チャイルドケアオブザーバー」です。
・未就園児のお子様までOKです。
 (長期休暇の際は園児・小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんも同伴可。)
・産後すぐからでも施術をお受けいただけます。
・施術後に授乳もできます。
(託児付きカイロプラクティック施術の所要時間は通常一時間です)

詳しくは産前産後のカイロプラクティックの紹介へ


 口コミサイト「エキテン」での口コミはこちら

 まだまだ多くの皆様からの施術のご感想はここをクリック!


アクセス詳細地図
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口からだと8分ぐらいです。
 元町商店街のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです。

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

 下の当院Twitter @papacura のダイレクトメッセージや、FacebookページのメッセージもOKです!
※ご予約の際はお名前とお電話番号のご記載をお願いいたします。


※営業再開のお知らせ
 営業を再開しておりますが、当面は営業時間を短縮します。
 以前と変更がありますので、上記にてご確認ください。

月火木金土 13時〜18時
水日 10時〜18時

(基本第1、3日曜と祝日は休み。時間外はご相談ください。

お子様連れは
月火金曜の13時〜15時の受付です(16時はご相談ください)。
(水曜日は朝10時のみ託児できることがありますのでお問い合わせください)
※2日前までに予約ください。

不定休、予約優先

ご予約&お問い合わせは
TEL 045-664-6601

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。

(メールの受信設定をお願いいたします)

下の当院Twitter @papacura のダイレクトメッセージや、FacebookページのメッセージもOKです!
※ご予約の際はお名前とお電話番号のご記載をお願いいたします。