本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で腰痛・肩こり、顎関節症、顔のゆがみ・むくみ解消(小顔)、姿勢・骨盤矯正。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

顎の関節音と頭痛・肩コリ

関節音も頭痛・肩コリも筋肉の強い緊張によります

 顎の関節音が気になってお越しになる方は多いです。

 その際、
「顎の関節音がひどくなったりそうでもなかったり、その時々で変わって、
関節音が大きくなってくると頭痛や肩こりになる」
 と仰る方が結構いらっしゃいます。

 こう聞くと顎の関節音が頭痛や肩こりの原因になっているように思えますが、実は顎の筋肉の緊張と首・肩の筋肉の緊張が同時に起こっていることによるものなのです。顎もコルんですよ。

 首・肩のコリは無意識に力が持続的に入ってしまうことによって起こりますが、顎の筋肉も同様です。
 無意識の食いしばりが続くことによって疲労し、過剰に緊張したままになると、動かしたりして力がかかる時に痛みを発するようになります。
 首・肩コリもひどくなると痛くなりますが、あれと同じです。

 さらに、顎の筋肉の緊張が続くと下あごの骨の位置が少しずれます。特に緊張している側に顎が引っ張られます。

 そうしますと、下あごの骨の関節面と顎関節内の関節円板でうまくかみあわなくなってくるので、関節音が出てくるのです。


 ですのでこのように発生する顎の関節音の場合は、顎の筋肉を弛めることで改善することが多いです。

・食いしばらないようにする。顎をリラックスさせる。
・えらの部分やこめかみのあたりをよくほぐす。

 まずはこれらを行ってみると良いでしょう。


 さらに寝ている間にくいしばっていたり、歯ぎしりなんかをしている場合、目覚めた時に顎が疲れていたり、痛みがあったりということがあります。

 そういう場合に、よくよく伺ってみると、枕をちゃんと使っていないということが意外と多いんです。

 枕を使っていない、または、首の下に枕が入っておらず、頭だけを載せているような場合、首のカーブがなくなり、顎が引けたようになります。

 すると上下の奥歯が自然と当たりがちになるので、顎に力が入りやすくなってしまうのです。そうすると寝ている間に食いしばってしまいます。その食いしばりが顎の筋肉の疲労、さらに進むと痛みになってきてしまいます。

 口は閉じていても上下の奥歯は当たっていないのが良く、それは起きている場合でも眠っている時でも同じ。

 枕を使わなかったり首の下に入っていない場合は、首そのものが疲れたり痛みが出たりしやすくなるのですが、顎にも影響してくるのです。

 枕は首を支えるものですので、正しく使いましょう。


(2016年5月ブログ記事 9月ブログ記事に加筆修正)



カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
10月の休み
1(日)、9(月)、
15(日)
11月の休み予定
3(金)、5(日)、
19(日)、23(木)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです






サイトマップ