本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で腰痛・肩こり、顎関節症、顔のゆがみ・むくみ解消(小顔)、姿勢・骨盤矯正。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

硬いものを食べた時に顎が痛くなった

顎の筋肉を傷めます

 硬いものを食べた時に顎が痛くなってしまったということがあります。

 噛みしめた時にゴリっとなって、それから痛くなってしまう。こうなると硬いものを咬むのが辛くなりますし、大きく口を開けるのにも支障が出てくることがあります。

 噛んだ時に痛くなってしまったので傷めたのは噛む筋肉がメイン。

 噛む筋肉と言うと、
咬筋・・・えらのところの大きく強い筋肉
側頭筋・・・側頭部、こめかみの広い筋肉
外側翼突筋・・・ほお骨の下あたりの筋肉

 これらのいずれか、または複数が過剰に緊張して痛みを出しているのです。

 よく調べて痛くない側と比べてみれば痛い側に張りがあるのを見つけることができます。下あごの位置をよく見ると、痛い側に少し寄っていることもあります。

 咬筋・側頭筋はわかりやすいのですが、外側翼突筋は見落としやすい個所です。この筋肉は顎をスライドさせる動きの際に使う箇所。
 咬むという動作には単純に顎を上下させるだけでなく、少しスライドさせてものをすりつぶす動作も混じっており、硬いものを咬んでゴリッとなるような場合にはこの部分を傷めていることが多いのです。

 ですので、これらの筋肉を弛めてやることが必要。
 それぞれの筋肉の場所と緩め方は下のリンクからご覧いただけます。

咬筋
側頭筋
外側翼突筋

 傷めてしまった時には無理に痛い動作を行わないほうが良いです。


(2016年2月 ブログ記事より)


カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
10月の休み
1(日)、9(月)、
15(日)
11月の休み予定
3(金)、5(日)、
19(日)、23(木)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです






サイトマップ