本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で首の痛み、肩の下がりを改善。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

首の痛み、肩の下がりと脇の下

脇の下の広背筋や大円筋が肩甲骨の動きに関連します

 首が痛い、首が張るといった症状の場合、体の偏りが目に見えてわかる時があります。

・頭の傾き
・肩の下がり

 といった状態はよく起こっている状態です。この二つは逆の状態見えるので、動かしてみた感じや触った感じで原因箇所をよく見極める必要がありますが、たいていは痛い側がありますからそれで分かります。

 例1)通常時に少し頭が左に傾き気味の場合

・上を向くとを動かすと首の後ろと左の肩甲骨の上の内側に痛み
・左を向くと左肩や前腕に痛み
・右に倒すと首の左側が張る

 といった症状が多いです。

  例2)首を横に傾けた時に首の横や後ろが突っ張って痛い場合



赤い線のあたり。ここは肩甲骨から後頭部につながる肩甲挙筋という筋肉です。
ここが痛い時、よく観察すると、痛い側の肩が下がっていることが多いです。

普通の状態

まず普通の状態で、

頭を傾ける

頭を左に傾けるとこのぐらい曲がりますが、
仮に右肩が下がっていると、

肩が下がった状態で頭を傾ける

首から肩が突っ張ってこのぐらいしか曲がりませんね。
肩が下がると肩甲挙筋が常に引き伸ばされている状態になります。この状態が普段から続いているため痛くなってきます。

 頭の傾きや肩の下がりに関連するのは肩甲骨の動き。肩甲骨周囲をゆるめる際、脇の下の筋肉をよくチェックしておくことが重要。
 脇の下あたりの肩甲骨から上腕骨につながる筋肉(大円筋、肩甲下筋、広背筋)の緊張や、胸の筋肉の緊張で肩が前に出ている(巻き込み肩)時に肩甲骨の動きが悪くなり、首や肩の痛みも起こります。肩関節や腕の痛みの症状にも関連するところです。

・広背筋・・・肩甲骨の下から腕の内側に痛みを出す
・大円筋・・・肩関節のあたりや前腕に痛みを出す

大円筋をつまむ

 つまんでいるあたりが大円筋。
 特に大円筋は肩甲骨の下部あたりから上腕につながりますので、肩甲骨の動きに関係が深いです。
 この個所は肩関節だけでなく首とのつながりも深いのです。

なので、



 こういう風に大まかに脇の下をつまんだりしてみて痛いところを探して、見つかったらよくほぐしてゆるめる。
さらに巻き込んだ肩を後ろに戻す。
そして下がった肩と肩甲骨を少し上に持ち上げてやると首の張りや肩の痛みが楽になってきます。意外なところに原因が見つかることもあるんですよ。
 実はこの先上腕、肘、前腕も首の動きと関連してくることがあるんですよ。首の寝違えに腕が関連したり。

 ご自分でこの個所をゆるめる場合、まず片腕を挙げて、脇の下の外側を反対の手の指で横にこするように押してみましょう。外側をつまんでも良いです。
 もし痛い点が見つかったら、痛いけど気持ち良い程度の力で押してください。目安は90秒。押し始めた時の痛みが和らいできたら終わりです。


(2017年1月ブログ記事と9月ブログ記事加筆修正)


カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
10月の休み
1(日)、9(月)、
15(日)
11月の休み予定
3(金)、5(日)、
19(日)、23(木)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです






サイトマップ