本文へスキップ

横浜市中区元町の整体でベンチプレスによる手首の痛み・腱鞘炎にアプローチ。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

ベンチプレスによる手首の痛み

筋力トレーニングで手首を傷めることもあります

 筋力トレーニングはうまくやらないとどこかしら傷めることがあります。

 たとえば筋トレでよく行うベンチプレス。ベンチに仰向けになってバーベルを持ち上げて下ろす、おなじみのトレーニングです。胸の筋肉を鍛えるのには欠かせませんね。

 胸の筋肉はもちろん肩、肘、手首の関節にもあたりかなりの負荷がかかります。腰を反らせて持ち上げてしまうと腰を傷めやすいなんてこともあります。

 関節というのはその可動域の端、簡単に言うと深く曲げたところに負荷がかかるのには強くないものです。
 ベンチプレスの際には手首を手の甲側に曲げた状態に力がかかりますが、その際に曲げた角度が深いと傷めやすくなります。

 手首には前腕の橈骨と尺骨、細かい手根骨があり、これらがそれぞれ関節を作っていますが、そのいずれかの箇所で傷めることになります。

 傷めている箇所は押されると痛かったり、動かすと痛かったりするので分かりますが、手首そのものが傷めていない側と比べると腫れぼったい感じがしたり、太い感じがしたりします。

 先日いらしたベンチプレスで手首が痛むという方の場合も甲側に曲げると痛みがありました。触ると橈骨と尺骨の間に圧痛があり、やはり手首がなんとなく太い感じがしました。

 圧痛のある個所は緊張が強く硬くなったところなので、ゆるめる必要があります。

 こういう場合は痛くない側に曲げると楽なことが多いので、

ベンチプレスによる手首の痛みの時に

 施術の際には、このように手首を手のひら側にダラッと力を抜いて曲げ、圧痛のある個所をつまんで押しながら軽く振りました。

 これを数分続けたところ、手首の痛みがかなり減りました。

 器具を使ってそれなりの負荷をかけるわけですから、手首のような細い関節にはトレーニング方法と頻度に気を付けて、ちょっとでも違和感が出たら休ませるようにしておいたほうが良いです。
手は何かと使うことが多いので傷めると面倒ですからね。



 (2016年6月ブログ記事に加筆修正)



カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00~20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
12月の休み
3(日)、17(日)、
31(日)
1月の休み予定
1(日)~4(木)、
7(日)、8(月)、
21(日)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです






サイトマップ