本文へスキップ

横浜市中区元町の整体でぎっくり腰のあとに残る腰痛と脚の前側の張り。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

ぎっくり腰のあとに残る腰痛と脚の前側の張り

前にかがむと腰が張るという症状と脚の前側の関係

 ここしばらくギックリ腰の方が多かったのですが、ギックリ腰で多いのは前かがみが辛いというもの。
 そして、ギックリ腰は腰の筋肉の強い緊張から起こりますが、時間が経てば少しずつ動けるようになってきます。

 しかし当初の強い痛みが治まってからも前にかがむと腰が張るのがずっと続くことがあります。

 腰の筋肉自体に張りが残っている場合はよくゆるめる必要がありますが、それ以外にも腰の動きに関連する箇所があります。

それが脚の前側。

脚の前側の筋肉

 上の写真でいうと、太ももの前側の大腿直筋(赤のライン)と外側広筋(青のライン)、そしてすねの前脛骨筋(すねの青いライン)。
 これら筋肉の張りが以外にも前かがみになりにくい原因になっていることがあります。

 前にかがむときには少しですが脚の前側に体重がかかります。これらが緊張していると体重を支えにくくなり、その負担が腰にかかります。

 腰にも張りが残っているとその負担に耐えられないので前かがみがやりにくくなるのです。

 ちなみに紫のラインで囲った膝に近いあたりが特に張りの出やすい箇所。ここが強く張ると膝の痛みになることもあります。

 まずは太ももの前側とすね、両方を触ってみて張りの強いところをよくほぐしてゆるめるのが良いのです。
 自分でゆるめる場合、すねは自分でも押しやすいですが、指が疲れますからやりすぎは禁物。

大腿四頭筋のストレッチ

太ももの前側を伸ばすにはこのように行うと良いです。


(2018年4月ブログ記事に加筆修正)


カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
11月の休み
4(日)、18(日)、
23(金)
12月の休み予定
2(日)、16(日)、
31(月)

ご予約&お問い合わせは
045-664-6601

電話がつながりにくい場合はメールでのご予約&お問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

下の当院Twitter @papacura のダイレクトメッセージや、
FacebookページのメッセージもOKです!
※ご予約の際はお名前とお電話番号のご記載をお願いします。


★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです





サイトマップ