本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で転倒後の脚の強い張りを改善。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

転倒後に脚の強い張り

膝を強く打ち付けた衝撃による脚の筋肉の過剰な緊張

 実は立て続けに転倒したという患者さんがお二人来られたのですが、いずれの方も膝を地面に強く打ち付けていらっしゃいました。
 お一人は右膝を、もうお一人は左膝。特に左膝を打った方はジーンズぱっくり裂けるほどひどかったようです。

 そして見てみますと、お二人とも太ももの前側に強い張りをお持ちで、やはり左膝の方の症状はとても強く、
膝を深く曲げたところ(正座や立膝)から立ち上がろうとすると力が入らず、手でどこかにつかまらないと立てないとおっしゃっていました。
いつもは全くそんなことはありません。

大腿四頭筋

 立ち上がる時、太ももの前側の大腿四頭筋を使います。
 上の写真でいうと、大腿四頭筋は大腿直筋(赤のライン)、外側広筋(青のライン)、内側広筋(黄色のライン)、中間広筋(奥にあるので出ていません)。

 症状のある側のこれらの筋肉を触ってみると強い張りがあるのが分かります。ちなみに膝が痛むようなときは、紫で囲ったあたりに張りがあることが多いです。



 特に内側広筋は上の写真で言うとピンクの星印のあたりに圧痛点があり、膝の痛みでは重要ポイントです。

 立ち上がるに力が入らないようなときは、念入りにこれらの筋肉の張りの強い箇所をほぐしてゆるめる必要があります。

 そして腰、骨盤の調整を行い、体のバランスの偏りを減らしておくのが効果的。

大腿四頭筋のストレッチ

 太ももの前側を伸ばすにはこのように行うと良いです。 


 左膝を強く打った方の場合、初回は太ももの前側を中心に行いましたが、その後、膝の裏あたりの症状が強く感じられるようになってきたそうです。

 立ち上がろうとすると、太ももの裏ハムストリングスの膝に近いところ、ふくらはぎの上のほうの膝に近いところ、そして膝の裏そのものに痛みが出るとのこと。



 上の写真でいうと、ハムストリングス(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)の膝に近いところは黄色い★、ふくらはぎの腓腹筋はピンクの★、膝裏にの膝窩筋はオレンジ色の★。

 これらに圧痛がありましたので念入りにほぐしてゆるめましたら、少しづつ楽になってきたようです。ただ体を使うお仕事の方で、その度に疲労が溜まるので、回数を重ねる必要があります。



 このように足を少し高いところに載せて、つま先を上に向けて、膝を伸ばして体を前に倒すと脚の裏側を全体的にストレッチできます。


 このように転倒で膝を強く地面に打ち付け、その強い衝撃が脚の筋肉にかかり、膝周りの筋肉が過剰に緊張してしまうことで、痛みが出てしまうことがありますので、みなさまくれぐれも転ばないようにお気を付けください。


(2018年4月ブログ記事に加筆修正)


カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
11月の休み
4(日)、18(日)、
23(金)
12月の休み予定
2(日)、16(日)、
31(月)

ご予約&お問い合わせは
045-664-6601

電話がつながりにくい場合はメールでのご予約&お問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

下の当院Twitter @papacura のダイレクトメッセージや、
FacebookページのメッセージもOKです!
※ご予約の際はお名前とお電話番号のご記載をお願いします。


★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです





サイトマップ