本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で腰痛・肩こり、顎関節症、顔のゆがみ・むくみ解消(小顔)、姿勢・骨盤矯正。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

妊娠中と0〜1歳のお子様を持つママによく起こる腰痛と対処法

産後の抱っこなどが原因です

 妊娠中から産後にかけて腰痛に悩まされる方のママのお話をよく耳にします。なぜ腰痛になりやすいのでしょうか?


「妊娠中の体は?腰は?」

 妊娠しますと、骨盤を結びつけている靱帯をゆるめるリラキシンという女性ホルモンの分泌が増えます。そのホルモンのおかげでお産の際には骨盤が拡がることができます。

 ですが、その分恥骨のつなぎ目(恥骨結合)や仙骨のつなぎ目(仙腸関節)がゆるくなり骨盤は不安定になります。すると体を支えるため腰回りやおしり周りの筋肉に負担がかかり、通常時以上に力が入り緊張します。

恥骨結合

 骨盤を前から見た時、真ん中のところが恥骨結合。

仙腸関節

 骨盤を後ろから見て、赤いラインのところが仙腸関節。

 妊娠出産でこれらが拡げられます。

 お腹が徐々に大きくなってくると腰が反る状態になります。腰の筋肉がギュッと縮められ緊張しているところにさらに体重の負荷がかかるので痛みが出てきます。中年太りのおじさんの腰痛に近いですね。


「筋肉が痛みを出す?」

 筋肉は伸び縮みすることによって、酸素・栄養を含んだ新しい血液を取り入れ、老廃物を含んだ古い血液を外へ出します。
 しかし長時間負担がかかり続ける、同じ姿勢を強いられる、何度も同じ動作を繰り返すような状況では筋肉が伸び縮みしないため血液の出入りが減り酸素が入っていかなくなり(虚血状態)ます。
 そこでその状態をなんとかしなければというサインとして痛みの物質が発生するわけなのです。

 このように妊娠中から腰痛が起こりやすい状況になるので、元々腰痛持ちだった方は要注意ですね。

 さらに出産直後、骨盤がゆるいうちにすぐに動き回ってしまうと、やはり腰や骨盤周囲に負担がかかるので腰痛を悪化させる恐れがあります。


「産後の腰はどうなっている?」

 産後しばらくすると、出産直後の骨盤の不安定感は徐々になくなってきて、数週間で治まってきます。でも赤ちゃんがお腹にいたときの分の負荷からは解放されるものの、見た目は下腹がぽっこり、腰は反ったままになっていることが非常に多いのです。

 というのも妊娠中から産後しばらくは体を動かすことが減るため、骨盤を支えているお腹の奥の筋肉「腸腰筋」が弱くなってしまって、正常な位置で骨盤が支えられていないためです。
 妊娠前からスポーツなどで体をよく動かしていた方は別ですが、そうでなければ現代人は筋肉が弱いことが多いのです。


「骨盤を支える腸腰筋」

 「腸腰筋」というのは腸骨筋と大腰筋という2つの筋肉を合わせた呼び名で、腸骨筋は骨盤の左右の腸骨の内側から大腿骨の付け根内側に、大腰筋は一番下の胸椎と腰椎から大腿骨の付け根内側にそれぞれつながります。 この2つの筋肉が胴体部分と下半身をしっかり結びつけていることで、骨盤がよい位置で支えられるのです。

 さて、産後この腸腰筋が弱ったまま、つまり下腹がぽっこり、腰が反った状態で赤ちゃんの抱っこが始まります。 抱っこをすると必然的に赤ちゃんをお腹の上に載せる形になりますから、反り気味の腰をさらに反らす形になりますが、これが長時間続き、さらに赤ちゃんの体重が増えてくると腰への負担がどんどん大きくなります。

 さらに、屈んで抱え上げたり下ろしたりなどの動作が繰り返されると腰への負担がますます増え、その結果腰痛が発生するのです。

 赤ちゃんが夜中何度も起きたりすることで睡眠不足になり、体が十分に休まらなかったりすることも痛みを出やすくする一因になります。

 例)産後2か月のママさん、腰痛でご来院。
 寝ている時に寝返ろうと腰を浮かせると痛みが走るとのことでした。



 体勢的にはこんな感じですね。
 痛むのは腰の一番下で骨盤との境目あたり。

腰痛の多い場所

 模型で言うと星のマークのあたり。一番体重がかかるところですので、お子様の抱っこが多いと、このあたりの筋肉が硬くなってきます。

 この個所の筋肉の緊張をゆるめ、さらに骨盤と背骨の調整。
 これを週に一度、計3回の施術で痛みは治まり、その後も痛みがぶり返したりしないように継続して通っていただいています。



「まず自分で出来る対処法は?」

@弱った腸腰筋を引き締めて復活させる簡単な引き締め運動
 仰向けに寝て、反っている腰の骨を床に10秒くらい全力で押しつける。やりにくい場合は膝を立ててもよい。
 これを一日一回寝る前に行う。また、腰を反らすと痛むときに行うのもよい。
 ※この運動についてはこちらもご覧ください)


A縮んだ硬くなった腰の筋肉のストレッチ
 正座をして上体を前にかがめていく。腰が伸びて気持ち良い程度で。脱力して1分半から2分ほどキープ。

B痛いときは骨盤ベルトを使う
 腰が痛む場合はもちろん、股関節、恥骨、仙骨、おしりなどが痛む場合にも有効。ベルトが緩んだ骨盤の靱帯の代わりに支えてくれるので負担が減ります。正しい位置に装着することが重要です。

Cよく休ませる
 骨盤の状態は2〜3ヶ月かけて徐々に自然に戻っていきますが、まだ骨盤がゆるい状態で動き回ってしまうと骨盤に変な癖がついてバランスを悪くさせてしまう恐れがあります。

D楽な体勢で寝る
 就寝時ベッドに仰向けになると腰に隙間ができてつらいと感じるなら、その隙間にタオルなどを入れるか、膝を立てて寝る、もしくは横向きで寝るのが良いでしょう。 とにかく一番楽な体勢をさがして休むことが大切です。

E腰を冷やさず温める
 痛くなっている筋肉は血行不良を起こしており、冷えるとそれがより酷くなります。腰の下の方や仙骨のあたりを蒸しタオルで温めるのも有効です。

 ※カイロの張りっぱなしは低温やけどになる恐れがあるのでおすすめしません。


 赤ちゃんの世話や上のお子さんの世話が忙しいと自分のケアがどうしても後回しになりがちです。日によって痛みの度合いが違ったりすると、楽な日にはまあいいかで済ましてしまいがち。

 でもそのまま痛みを我慢していると、どんどん症状が悪化し慢性化して治りにくくなってしまいます。痛みをそのままにした結果、おばあさんになっても産後の腰痛をずっと引きずっている方もいらっしゃるぐらいなんですよ。

 産後の腰痛があまりに続くようなら、まずはしかるべき医療機関を受診することをおすすめいたします。
 そのうちよくなるだろうと放置せず、深刻な状態にならないよう早めに何らかの処置をしておくことが慢性化を防ぐことにつながります。


(症例)
 赤ちゃん連れの方がお越しになり、腰から足までの背面が痛いとのことでした。
 腰からお尻、太ももの裏、ふくらはぎまでという広い範囲。
 神経症状によるものも考えられるのですが、僕はそれよりもまず筋肉の緊張によるものを考えます。

 筋肉が凝って痛みが出ることがほとんどですからね。凝っている筋肉を押すと痛みが出るからすぐわかります。

腰から足まで後ろ側

腰の筋肉(赤)・・・脊柱起立筋群、腰方形筋など
お尻の筋肉(青)・・・大殿筋、中殿筋、梨状筋など
太もも裏の筋肉(緑)・・・ハムストリングス、半腱様筋・半膜様筋
ふくらはぎ・・・腓腹筋、ヒラメ筋

 この方の場合はこれら筋肉がどこも張っていました。

 おそらくはお子様の抱っこによっての疲労が爆発したのではと思われました。
 抱っこの際には腰をやや反らせて下腹部にお子様を載せる形になり、重心が後ろにくるのを下肢全体の後ろ側で支える形になるためです。

 そのため初回の施術でこれら腰から足までの背面の筋肉を念入りにほぐしてゆるめ、腰と骨盤を調整し、終わった時には痛みが減ったとのことでした。

 その翌週に2回目の施術。初回施術の翌日筋肉痛のような感じになったが、今は楽になっているとのことでした。初回にかなりほぐしたので疲れが出たようです。
 初回時よりもやや控えめにほぐして、腰と骨盤を調整しました。

 その1週間後に3回目の施術。ご来院の時点でもうあまり痛くなくなっていますとのことでしたので、さらに控えめにほぐして、腰と骨盤を調整して終了いたしました。

 疲れを我慢して溜め込んでしまうと、ある時一気に爆発することがあります。
 時々こういう調整を行って、疲れを溜め込まないようにしておくと、大事にならずに済みますよ。



(2017年5月ブログ記事、2018年11月ブログ記事、2019年9月ブログ記事に加筆修正)

カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

 

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305

ご予約&お問い合わせは
TEL
045-664-6601


 電話がつながりにくい場合や受付時間外の御予約・お問い合わせは下のメールやSNSメッセージにてご連絡ください。
 その際はお名前とお電話番号のご記載をお願いいたします。
mail

(メールの受信設定をお願いいたします)

当院SNS
Facebookページ
・Instagram papa_cura
・Twtter @papacura 
(Twitterは必ずフォローしてからお使いください)
・LINE公式アカウントも是非
友だち追加


休業日の案内

10月の休み
3(日)、17(日)
11月の休み予定
3(水)、7(日)、
21(日)、23(火)

 土日も営業しておりますが、独りで施術する都合上、予約を優先とさせていただいております。お早めにご予約ください。

※短縮営業中です
 コロナ対策で営業時間を短縮しています。
 下記にてご確認ください。

月火木金土 13時〜18時
水日 10時〜18時

(基本第1、3日曜と祝日は休み。時間外はご相談ください。

お子様連れは、
月火金曜の13時〜15時の受付です(16時はご相談ください)。
※水曜日は朝10時のみ託児できることがありますのでお問い合わせください
※2日前までに予約ください

不定休、予約優先



※新型コロナウィルスへの対策

・当院はマンツーマンでの施術ですので、基本的に大人数で院内にいることはありません。
・院内ではお受けいただく方も施術中のマスクご着用をお願いしております。
・手指、ベッド周り、ドアノブなどのアルコール消毒
・毎回のこまめな換気
・フェイスペーパーの毎回交換廃棄
・フェイスタオルの毎回交換
を行っております。
・顔の施術はマスクをお外しいただきますが、フェイスタオルをかけた状態で行います。



「ここに来ればなんとかしてくれる」
と多くの方に喜んでいただいています!
いつまでも動ける体でいるためのオーダーメイド施術!

こんなの症状でお悩みでは?
・肩こり・腰痛・慢性疲労・ヘルニアの痛み、股関節痛、むちうち
・四十肩・頭痛・手足のしびれ、腱鞘炎、膝の痛み、背中の痛み
・姿勢のゆがみ・猫背・骨盤矯正
・産後の骨盤ケアと体型戻し
・妊娠中(産前)産後の不調

さらに
・顎関節症
・顔のゆがみ・小顔引き締め
・О脚X脚矯正


など、さまざまなお悩みに対応しています。
コースの詳細ページへ


初回施術30%OFFキャンペーン実施中!
5,500円→3,850円(税込)
その他のキャンペーンなども料金案内をご覧ください


施術歴22年の院長がすべて施術いたします!
 横浜元町に2004年開院。
紹介口コミの評判多数!2万件以上の施術実績。

 Curaでは、院長の榎本が責任を持って、皆様の体に合わせたオーダーメイドかつ熟練の整体技術で、筋肉の緊張・コリをほぐし、骨盤・背骨など骨格の歪みを矯正します。


☆子連れ・無料託児サービス
◎乳幼児をお連れでお受けいただけます! (無料、要予約)
・受付は基本的に月、火、金曜日の13時〜15時(16時はご相談ください)。
(水曜日は朝10時のみ託児できることがありますのでお問い合わせください)
・必ず二日前までにご連絡ください。
・専任スタッフ(院長妻)が付き添います。
 ニチイ学館「ベビーシッター」
 NPO法人新保育学会認定「チャイルドケアオブザーバー」です。
・未就園児のお子様までOKです。
 (長期休暇の際は園児・小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんも同伴可。)
・産後すぐからでも施術をお受けいただけます。
・施術後に授乳もできます。
(託児付きカイロプラクティック施術の所要時間は通常一時間です)

詳しくは産前産後のカイロプラクティックの紹介へ


 口コミサイト「エキテン」での口コミはこちら

 まだまだ多くの皆様からの施術のご感想はここをクリック!


アクセス詳細地図

GoogleMapで場所を確認

 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口からだと8分ぐらいです。
 元町商店街のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです。

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305


ご予約&お問い合わせは
TEL 045-664-6601

 電話がつながりにくい場合や受付時間外は下のメールやSNSメッセージにてご連絡ください。
 その際はお名前とお電話番号のご記載をお願いいたします。
mail
(メールの受信設定をお願いいたします)

当院SNS
Facebookページ
・Instagram papa_cura
・Twtter @papacura 
(Twitterは必ずフォローしてからお使いください)
・LINE公式アカウントも是非
友だち追加