本文へスキップ

横浜市中区元町の整体で腰痛・肩こり、顎関節症、顔のゆがみ・むくみ解消(小顔)、姿勢・骨盤矯正。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-664-6601

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305


腰痛・ぎっくり腰のタイプチェックとセルフケア

腸腰筋

 腸腰筋は大腰筋、小腰筋、腸骨筋の総称です。

 腰椎から骨盤を抜け大腿につながり、骨盤、姿勢を安定させる重要な筋肉で、股関節を屈曲させる(膝を上げる)時に使います。

 そのため、ここが過緊張していると、たとえば歩く時に脚を前に出したり、膝を上げる動作がつらい、深く屈むのがつらいなど、腰と脚の付け根あたりが痛くなります。

 長時間しゃがんで作業をした後や、エクササイズのやりすぎなどで痛くなることが多いですが、まれに食べすぎなんかで痛くなることもあります。


腰掛けて、靴を履くような動作

上のような動作もつらい事が多いです。
靴下を履くのがつらいですね。




右手で押さえているところが大腰筋のある場所。下腹部の奥の方です。




こちらが腸骨筋。上の大腰筋より外側で、骨盤の骨(腸骨)の内側の縁の奥です。



 腸腰筋の場所は上の二枚の写真の辺りです。(写真は場所が分かりやすいように立っています)

 自分で押す場合は仰向けに寝て行います。
 下腹部で臍の横よりも少し下あたりに押すと痛いところ(圧通点)が見つかるでしょう。

 少し深く指を沈めてみましょう。



で、圧通点が見つかったら、痛気持ちよい程度の力で押し続けます。

 
絶対にぐりぐりしないようにしましょう。ただ押すだけです。

 一定の強さで、痛さをあまり感じなくなるまで、しばらく押し続けます。数分で痛さをあまり感じなくなってくる事が多いです。

 痛さをあまり感じなくなったら、そこで一旦離し、再び押します。
 再び押すと、また痛いと思いますが、また痛みをあまり感じなくなるまで、しばらく押してください。

 これを何回か繰り返していると、徐々に最初に押したときよりも、痛さがやわらいでくると思います。

 再び押してもあまり痛くなくなったら、そこで終わりにします。

 頻繁に押し過ぎると、余計に痛くなる可能性があるので、一日に2回(朝、晩)ぐらいにしておきましょう。




ストレッチするなら、上の写真のようにすると良いでしょう。

写真は右の腸腰筋をストレッチしています。

伸ばしたい側の膝を床につけるようにして、同じ側の腕を上に挙げ、反対側の手でつかんで引っ張ります。
伸ばしたい側のお腹を前に突き出すように意識しましょう。

注意すべきなのは、この動作は腰を反らせますので、
腰を反らすと痛い時には向きません。そういう方は行わないで下さい。


 また、お尻から脚の外側にかけてしびれるならこちらを。


カイロプラクティック CuraカイロプラクティックCura

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町1-20 ストーク元町一番館305
TEL&FAX 045-664-6601

営業時間
10:00〜20:00
(電話受付18:30まで
時間外はご相談ください)

お子様連れは
月火金の10:00~14:00
の受付です(2日前までに予約)。

不定休、予約優先

休業日の案内
4月の休み
1(日)、15(日)
29(日)、30(月)
5月の休み予定
3(木)、4(金)、
20(日)、26(土)

電話がつながりにくい場合はメールでのお問い合わせも受け付けております。(メールの受信設定をお願いいたします)
mail

★アクセス
 みなとみらい線元町・中華街駅元町口から徒歩1分(5番出口の元町口から出てください)。
 JR石川町駅南口
からだと8分ぐらいです。
 元町商店街
のすぐ裏の河岸通りにビル入口があります。アクセス詳細はこちらも。

 横浜市内だと中区・西区・南区・磯子区・港南区・神奈川区あたりからの御来院が多いです。
 中区ですと山下町、横浜中華街、石川町、山下町、新山下、山手町、石川町、本牧あたりからのご来院が多く、また関内、日本大通りあたりのオフィス街からも近いです。
 西区ですとみなとみらいから、磯子区だと磯子、森あたりからの方が多いです





サイトマップ